×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三枚のお札・山姥(やまんば) ~ 日本昔話
 
 
 
 
お話し
 
  昔々、ある山寺に和尚さんと小坊主が住んでいました。ある時、小坊主は栗拾いに行きたくなり、和尚さんに頼みました。すると、和尚さんは、
「山には、山姥(やまんば)というおそろしい化け物が出る。もし山姥が出たら、この三枚のお札に助けてもらいなさい」
 そう言って、和尚さんは三枚のお札をわたし、小坊主を送り出しました。

 山に入ると、美味しそうな栗がたくさん落ちていました。小坊主は、夢中で栗を拾い集めました。そして気が付くと、あたりはすっかり暗くなっていました。その上、道を間違え、どんどん山奥に入ってしまいました。
「困ったなぁ。これじゃ夜までにもどれない。もうあたりは、すっかり暗くなってしまった。和尚さんに怒られるだろうなぁ」

 ふと見ると、山奥に家がぽつんと建っています。小坊主は助けを求めて、扉を叩きました。
「今夜一晩泊めて下さい」
 家の中には一人のおばあさんがいて、糸車を回していました。
「そうかい、こんな山奥を夜中に歩くなんてあぶないよ。今夜はゆっくり寝て、明日の朝帰るといい」
 と言って、小坊主を囲炉裏端に座らせました。昼間の疲れが出たのか、小坊主はうつらうつらと眠ってしまいました。

 夜中、目がさめると、シュッシュッと鋭い音がします。おばあさんが、炉端で刃物を研いでいるようです。囲炉裏の火に照らされたおばあさんの横顔を見て、小坊主はビックリ仰天しました。
 口は耳のあたりまで裂け、鋭いキバが突き出しています。目は人間とはかけはなれており、爛々とするどい光を放っています。その姿がゆらめく囲炉裏の火あかりに照らされて、部屋いっぱいにゆらゆらと恐ろしい影を落としています。
 小坊主は、これが和尚さんの言っていた山姥だと悟りました。これは大変だ、逃げようと焦ったら、
「ガタッ!」
 と、足を戸だなにひっかけ、大きい音を立ててしまいました。その音に気が付いた山姥が、
「なんじゃっ~!?」
 と不気味な声を上げ、小坊主のそばにやってきました。小坊主はあわててごまかし、
「おばあさん、糞をしりてぇ」
 と、言いました。すると山姥は、
「なに~!糞、面倒なやつじゃ」
 と言いながら、小坊主を縄で縛って繋いで、厠に連れていきました。
「逃げようなんて思うなよ。逃げたらすぐにガブッと食ってやる」

 小坊主は厠の中で生きた心地がしません。そして、和尚さんがくれた三枚のお札があることを思い出しました。その一枚を取り出して、
「お札さま、身代わりになってください」
と頼みながら、柱にペタンと貼りました。
 そして、縄をほどいて柱にくくりつけ、小坊主は厠の窓から逃げ出しました。

 しばらくして、山姥がたずねます。
「まだ終わらんのか~!」
 小坊主の代わりに、お札が答えます。
「まーだだよ!」
 しばらくして、また山姥が尋ねます。
「まだか~!」
 そしてまた、お札が答えます。
「まーだだよ!」

 また、山姥が尋ねます。
「まだ、しり終わらんかっ!」
 お札が答えます。
「まあーだ、もうちょっと!」
 とうとう頭に来た山姥は、
「えーい、なにをやってるんだー!」
 と、厠の扉を蹴破って中に入りました。すると小坊主の姿はなく、縄の先は柱に結びつけられていました。
「だましたなー!小坊主めー!」
 山姥は怒り狂って、小坊主を追いかけます。山姥がすごい勢いで迫ってくるので、小坊主は2枚目のお札を出して、
「大水になれ」
 と、叫びます。すると、ザアーーーッと、ものすごい水が押し寄せて、山姥を飲み込みました。しかし、山姥も負けてません。口を思いっきり開けて、その水をガブガブと飲み干してしまいました。

 また山姥が追ってくるので、小坊主は3枚目のお札を出して、
「火になれ」
 と、さけびます。すると、ゴォーッと、すごい火が押し寄せて、山姥を焼き殺そうとします。しかし山姥はすごくて、ブーッとさっき飲んだ水を吐き出し、その火を消し止めてしまいました。

 小坊主は必死に逃げ、なんとか住んでいた寺にたどり着きました。むちゅうで寺にかけこみ、
「和尚さん助けて、山姥が追ってきます!」
 と、茶を飲みながら餅を焼いていた和尚さんにすがりました。
「あれほど山姥には気をつけろとゆうたのに…。仕方のないやつじゃ、まあええ、お前はちょっと隠れとれ」

 そこへ、ドシンドシンと山姥が入ってきました。
「やい和尚!ここに小坊主が逃げ込んだじゃろう。かばうとお前も食ってまうぞ」
 すると和尚は、
「こら噂に聞く山姥か。どうじゃ、一つ自慢の術を見せてくれんか。お前さんは山のように大きくなれるちゅう話じゃが?それとも、なれんのか?」
 山姥は、
「馬鹿にしよって!見てろー」
 と言うと、ヌーーッと大きくなって、お寺の天井をズガーンと突き破ってしまいました。

 「おお、見事なものじゃ。じゃが…、なんぼお前さんの術がスゴイゆうても、大きくなることはできても 小さくなることは出来なかろう」

 「なーにを言う!大きくなれるもんが小さくなれんことが、あるか!よう見とれい」

 山姥は、ニュニュニュニュニューッと縮んで、子供くらいの大きさになりました。

 「なんだ、山姥と言うても、その程度の大きさにしか小さくなれんのか?」

 怒った山姥はさらに縮み、豆粒ほどの大きさになりました。

 和尚さんはその豆粒ほどの山姥をひょいとつまみあげて、焼いていた餅に挟んで食べてしまいました。

 めでたし、めでたし!


紅茶の入れ方   紅茶の選び方   紅茶消費大国   紅茶の知識   紅茶携帯用ホムペ   レシピ